「働く」を「楽しくする」ためにできることって何だろう?

Work:Qについて

Work:Qについて

Work:Q――「働く」を「楽しくする」ためにできることって何だろう?――

Work:Q(読み:わーくきゅー)は、「働く」を「楽しくする」ためにできることが何かを、いろいろな人たちに聞いて学び、友人・知人・会社の人・家族・恋人など身近な人たちと考えながら、模索していくメディアです。

Work:Qという名前は、ソフトウェアを開発しているIncrements株式会社のプロダクトであるQiita:Team(キータチーム)の「働くを楽しくする情報共有ツール」という理念に由来します。「働く(Work)を楽しくする」ことに対して、問いを立てて聞く(QA)という意味合いを持ち、またIncrementsの手がけているもうひとつのプロダクトQiita(キータ)にも関係しています。

Incrementsについて

Incrementsは、「ソフトウェア開発をよくすることで世界の進化を加速させる。」をミッションにしているスタートアップです。社会を支えるソフトウェアの開発や、それを支えるプログラマの開発効率の向上に貢献することを通して、社会の変化、世界の進化を加速させていきたいと考えています。

詳しくはIncrementsのサイトをご覧ください。

Qiita:Teamについて

Qiita:Team は、チームの生産性を高めるために開発された社内向け情報共有ツールです。チームメンバー が簡単、気軽に情報を書き込んで、それが適切なメンバーと共有され、共有された内容について活発にコミュニケーションを取ることができるようになっています。

投稿、共有、コミュニケーションのサイクルを通して、チーム内に「生産性を高めるためには情報共有が欠かせない」という認識を広め、情報共有の文化をつくることを目的に開発されました。

詳しくはQiita:Teamのサイトをご覧ください。

Qiitaについて

Qiitaは、知見を共有しスキルを高めることができる、プログラミングに特化したオープンな情報共有コミュニティです。2011年9月16日にリリースして以降順調にアクセスユーザー数を増やし、約250万人を超えるユーザーがアクセスするサービスとなりました。毎日約200件の情報が新しく投稿され、17万件を超える投稿が集まっています(アクセスユーザー数、投稿数は共に2016年9月末時点での数字です)。

詳しくはQiitaのサイトをご覧ください